東京旅2/4  蒲田タイヤ公園 

e0022403_22474457.jpg

こっちでええんかな?と線路沿いを進んでタイヤ公園に到着。
痛いくらいにええ天気。
奇跡の肌がチリチリと焼けて行くのがわかる。肌値段が下がって行く。
エエとこのぼん育ちの僕は加えて目もあまり強くないなので、サングラスを持ってきてて良かった。
今日はDickiesのワークシャツで身軽にサラリとこなそうと着てきたんやけど、
どうも何かひっかかるなあとウィンドウ越しに映るたびに思ってたら
なるほど、北の国の前将軍様のようやった。
e0022403_2248217.jpg

この平和な公園に、半パンにサングラスで子供連れでも無く、将軍様ルックで、
どう考えても怪しいので、なるべく素性を明らかにせねばと
大胆にスケッチブックを小脇に抱えてスケッチポイントを探す。

一枚仕上げた頃に相変わらずナイススマイルのヒロ・コジマさんが登場し、
ここではお馴染み、タクシー君も登場する。
このお二人は地元で、子供の頃によく遊びに来てたらしい。
そして、向こうから女性が歩いてき、サングラスを取れば
大阪に居るはずのKWJMさんだったので心底驚いた。
たまたまこっちに遊びに来ていて、大阪に帰る前に寄っていただいたという話。
何たる偶然。
e0022403_22482421.jpg

タイヤ恐竜に登ってみたいけど、どうやらアカンぽいので(お二人曰く、その昔は登ってもアリだったそうな)
この暑さではもうスケッチどころやないという話になり、
蒲田駅周辺に戻り、デパ地下グルメ&デパ屋上めしでさっと昼食を済ませ、
商店街の怪しい純喫茶店で、これまた5時頃まで3人でしゃべる。
行き先不安な10年上二人は、腕と足を組んだタクシー君に「大丈夫ですよ」と諭され、
生ぬるい空調の喫茶店もイラスト&似顔絵業界裏話で瞬時で過ぎ
ここでヒロコジさんと涙のお別れ。
また一年以内には東京スケッチを開催するつもりなので
お知らせはFACEBOOKで。
そして、こんときのスケッチは同じく「ここ」でUPしています。
e0022403_22491095.jpg


二人で東京ミッドタウンのインドネシアフェスに向かう。
タクシー君がちょい電車酔いしたから、浜松町(大門)から、六本木ヒルズのビルを目指して歩く。
初めて観た増上寺の門構えが素晴らしい。
大門から東京タワーへの道は緑に囲まれており、季節になったら紅葉が素晴らしいらしい。
そして東京タワーの真下。デカイ。シブイ。そり立つ足に趣がある。

歩きつつ、関西在住の共通の友人「マーキーさん」の昨今の話を聞かせると
もし書籍化したらハリーポッターよりも巻数多いんちゃうか(売れへんけど)言うほどの、
あまりにもの怒涛の人生に、タクシー君が愕然とする。
相当な距離を歩き、ヘロヘロになり、東京ミッドタウンに着くも、インドネシアフェスがもう終わってた。
疲れが半端無いので、スタバでクリーム乗ってる甘いやつをしばき、無謀にもまたしても渋谷まで歩いて
センター街外れで大盛スパゲッティ食べ過ぎてブルーになる。
タクシー君は満腹&眠すぎて話聞いてへん。「話聞いてないやろ!」と突っ込むと
「マーキーさんのことばかり考えてました」と、顔色が曇ってた。
どうもマーキー話に中ったらしい。

二日目も汗だくで終了。
e0022403_22492689.jpg


東京旅1/4 吉祥寺
東京旅3/4 東京スカイツリー
東京旅4/4 清澄白河


e0022403_12183497.jpg

そろそろ足にガタがくる

[PR]
トラックバックURL : https://yamasakki2.exblog.jp/tb/18854853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yamasakki2 | 2012-09-13 22:52 | 行ってみよう! | Trackback | Comments(0)