扇子を作りに行きました

e0022403_10454971.jpg

昨日は御殿山美術センターで扇子に絵を描く講習があり、
前々から扇子は作ってみたかったので参加してきました。
(というか扇子が欲しかったんやけど、素敵な柄が無かったので買うのをためらってた)

題材を色々考えて、カレーライスを扇子に描くんもええなあと思ったんやけど
なんせ見た目が暑いし、笑わそ思って必死か!と思われんのもアレやから
紆余曲折あって、長い道のりを経て、結果
シーラカンスにしました。

当日は扇子の紙に一発で描かねばならんので(一枚百円)
それまでに何十匹もシーラカンスのラフスケッチを描くんやけども
様々なスタイルで何枚描いてもしっくりこなくて、
駄目モトで久々に「不透明水彩」を引っ張り出してきたら
これがなかなかええ感じで。
不透明水彩のチャクラが開きました。

扇子らしくない絵柄のも作りたかったのでもう一枚。
一発描きであるならば、いつものスケッチのスタイルも有効であろうと
マッキーとコピックで扇子紙に描く。
和紙なのでほんの少しの滲みが出るけど、逆にええ感じになった。
手がもひとつ不細工なのは、僕のスケッチ力云々ではなく
ほんまに僕の手が不細工なだけです。

ここからは京都の扇屋さんで、扇子に仕立ててもらいます。
仕上がりは来月半ばなんやけど楽しみ。

e0022403_1182161.jpg

シーラカンス完成の絵の拡大。まあ色々思うことはあるけど、良しとしとこう。
折り畳みを意識して、若干長めのボディにしました。
どっか大量生産してくれへんかな。

みんなの力で山崎絵日和をデボン紀へ

絵日記・イラスト
[PR]
トラックバックURL : https://yamasakki2.exblog.jp/tb/20558238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shintaromaeda at 2017-02-22 18:25
初めまして。
万年筆を使って描いたイラストを検索していた所、こちらの記事を見つけました。
扇面にはもっぱら墨と筆で描くという風に思ってばかりいたのですが、ペン画で扇面に描く方法があることをこちらの記事で見つけた様に思えました。
Commented by yamasakki2 at 2017-02-24 01:02
そうですね。かなり前のことなので
思い出しつつですが、
ペンでもOKですか?と確認はしました。
使い慣れてる画材で描けるならベストだったので。
よく考えるのが、大昔の画家もマジックあったら使ってるやろなあと思います。
by yamasakki2 | 2013-05-27 11:13 | 行ってみよう! | Trackback | Comments(2)