人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人知を超えるもの

人知を超えるもの_e0022403_10433732.jpg

例えば、恐竜時代に宇宙人が来たとして、
恐竜は「エサを食うだけのことしか考えていないアホ」なので
(知らんけどそういうことにしとく)
彼らにとって、宇宙人はエサにしか見えんやろうし、
認識する能力が無かったとする。

そう考えたら、宇宙に知的生命体が居ても、タイミングが難しいよなあと考えてたけども、

いやいや、そんな話やのうて
よう考えたら、今の人類も、認識する能力があるかどうかっちゅうのは、はなはだ疑問で、
人類は計算も出来て、コンピューターを編み出して宇宙の色々なことを知りつつあるけれど
「ちょっと考えたらわかるやん!」的なアホな道に、わかりつつも見てないフリをして流されるような
そんなとても知的とは思えない動物の部分もあるし、
例えば身近でも「この人には、これ言うても絶対理解できひんやろな」ということも山ほどある。
いやいや、さらにそんな話やのうて
いくら隙無く賢くても
例えば宇宙人を見ても、恐竜が言うところの「エサ」としか認識する知能しか
無いんかもしれん。
いくら恐竜界の天才が居っても「そらそこまでは無理」という限界を想像してもわかるように
自分らの脳みそ、認識能力は
所詮はその次元でのMAXまでしか、想像することしかできひんので
人知を超えるものに出くわしても、結局それを認識できる能力は無いんやと思う。

道端に咲いてる花が何を考えてるなんて、所詮はわからないもの。
そもそも「考える」という話ではないんやろうし。

人に都合の良い、人知の超えるものなんて、
所詮は人知を超えてないんやろな。

なんてなことを、考えつつ
8/25までやってる「大世界恐竜展」がめっちゃ気になっている。
夏休みで子供多いやろなあ。

人知を超えるもの_e0022403_10434674.jpg

人類一千年の歴史 天神祭。

みんなの力で多次元山崎絵日和へ

絵日記・イラスト
by yamasakki2 | 2013-07-27 10:50 | 行ってみよう!